ごあいさつ

 平成27年度は、仙台市復興5年計画の最終年度となります。とは言え、計画期間内に完成しない事業もあり、引き続き被災された市民のみなさま一人ひとりに寄り添った丁寧な取り組みが求められます。

 同時に、将来の人口減少・少子高齢化や地方消滅可能性都市といった問題にも、東北で唯一の政令市として先行的に着手していかなければならず、地域の実情と国・地方それぞれの施策に通じるべき議員の役割・行動もますます重要になってきていると感じます。

 これまで培ってきた、戦略・戦術的思考及び判断力によって、これからの私たちのふるさと・こどもたちのため、引き続き皆様からの貴重なご意見をいただきながら、現在と当面、中・長期の視点を保持した分析・研究を深め、議会活動と現場での実践によって今後も市政充実のために尽力して参る所存です。

平成27年4月29日